読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイニキのタイ日記

日記ですタイ

タイでは船が交通手段として非常に重要

タイの交通機関って、タクシーとかトゥクトゥクとかあるけど、今はBTSとかMRTとかの鉄道が非常に強いんですよね、外国人的には。え、網の目のように張り巡らされているバスが便利だろって?アレよーわからん。

いやまー、住んでるなら覚えろよ!ってのは理解できるんですけど、一応会社からバスは避けろと通達があってね。え、タクシーもアレやろって?ぶっちゃけそうなんですけどね。

 

ってことでバスを除いて話を進めたいんですけど、バスはバスでもおkなバスはBRTってのがあります。そう、日本だと三陸沿岸のあれ。これはこれで面白いので、また別の機会に。

 

鉄道、BRT、そしてこれに加わるのが、船。そう、船。チャオプラヤー川の船、チャオプラヤーエクスプレスです。

船自体はあちこちで運行されているんですが、この航路だけは別格なのは、BTSと結びついているから。

 このチャオプラヤー川と港を示した航路マップ、これだけだと観光との結びつきわからないかもしれないですが、古くからの街、すなわち川に沿ってハッテンした場所はこのボートで容易にアクセスできますん。で、このMapのCentralことサートーンにてBTS、サパーンタクシーン駅と繋がっています。

他にも多数チャオプラヤー川の渡し船はありますが、BTSとの結びつきを考えると圧倒的な利便性の差がありますん。

ちなみに、サートーン港と繋がるサパーンタクシーン駅は

単線!!!!!!!

厳密には、この駅の前後は複線で、ここだけ単線。タイクオリティな計画。

 

 

まーそれはいいとして、こんな感じの船に乗りますん。 

料金は15バーツ。ツーリストボート、と呼ばれる観光地だけよる船は40バーツ。高い!って言いたいんだけど、慣れてない土地ではわかりやすい乗り物は重要よね。そのためのゼニや。

 

川沿いには、昔ながらの光景も、近代的な光景も両方。 

 

 

でもってチャオプラヤー川は、陸路が発達する前の重要な交通機関ですから、当然名所が多い。

ワットアルン。三島でお馴染。水上寺院感ありますね。

 

カオサンに行くのもチャオプラヤーエクスプレスの港からが便利。

王宮もワットポーも、船からなら便利。

 

ってなことで、タイに行った際は船を使うと色々と観光が唸りますん。

 

 

PS.

タイの船って、こんな感じに自動車エンジン搭載してて割とエキサイティング